luka’s blog(「ゴロトシ他腐向けサイト」試運転中)

ゴロトシや光大or大光やBL、テゴマス(増手)、バナナフィッシュなどが好きな腐女子。腐向け。love&happyが好き。寿くんLOVE。不倫は嫌い。

東京ネームタンクに参加してきました!

2018.2.10〜12
東京ネームタンク「ネームできる講座3HD」に行ってきました!

ネームタンクとは、簡単に言うと「面白い漫画の作り方講座」です。お話作りに焦点を当て、3日間で32pのネームを完成させる講座でした。

講座の内容につきましては、著作権もあるでしょうし、ネームタンク側がそれを売り、受講生が36000円出してそれを買うものなので、詳しくお伝えすることは出来ません。

ですが、個人的にどんなものが得られたか…は、お伝えしても良いのかも…と思い、レポさせていただきます。

カリキュラムについて位なら公開しても差し障りないかな?と思うので、載せておきます。

1日目
11:00〜14:30 テーマとキャラクター
15:30〜18:30起承転結・それぞれの要点
18:00〜20:00ネーム相談・打ち合わせ

2日目
11:00〜13:00コマ割り
14:00〜20:00相談・ネーム作業

3日目
11:00〜13:00面白くする技術
14:00〜17:30相談・ネーム作業
17:30〜20:00講評・読み合わせ

*大体1時間位毎に10分の休憩が入ります。トイレやコーヒー紅茶お茶お水お湯などやお菓子は自由にいただけます。

*1,2日目は20時の講義終了後は22:00までそこで作業することも出来ますし、帰ってもいいし自由です。

*お昼は大体14時頃から1時間で、買ってきて食べる人もいれば、外食する人もいます。
10分休憩で食べる方もいらっしゃいました。
新宿なので食べるところはあります。
コンビニは向かいの通りにセブンがありました。
夜は20時の終了後、多分残った方は食べに行かれたか買ってきたかされていたと思います。

*教室は2人がけのテーブルが6つあるだけでとても狭いです。荷物は、カバンを下げるフックみたいなのが各席に置いてあるので、それで下げられます。
ハサミ、マスキングテープはご用意されています。
寒い時は膝掛けも貸していただけました。

*ネームを描く紙についてですが、あらかじめ水色で簡単なコマ割りやキャラ配置がされたA4の紙が配られてそれに描きます。
(私は下に描いてあるとどうしても描けなかったので、裏を使い自由に描きました。)

*先生はとても優しいし平等に接してくださるのでご安心ください。

*何を描いても自由ですが…実際のところ、全員に見られますので…私が参加した時には、普段Hを描いてる方も、講座ではHなしのものを描かれてました。私はBLで、始まる前は本当に恥ずかしくて悩みましたが、結構普段描いてる方も多く、そして男性も理解があり、大丈夫でした。
R-18については未研究なようでしたが、成人向けの講座は別にあるようでした。

*前日に簡単なアンケートが配信され、そこで受講理由や希望を伝えることができます。

*自己紹介がありますが、言うことは決められているので大丈夫です。

*ネーム32枚完璧に描かれてた方は誰もいませんでしたので、自分なりの全力を尽くせば大丈夫です。(でも、完成度が高いと参考作品にしてもらえるので、頑張るに越したことはありません)

*講評は、その作品の良いところを書く、ので、傷つけられる心配はありません。

*常に研究が進化されているので、今受けて得た情報と、例えば来年また受けたら、少し違うかもしれません。

*話の中で例として色々な漫画や映画が出てきます。私は知らなかったり、知ってても読んでないものなどが結構ありました。知ってたら、ああなるほど!と理解が深まったのかなと思いました。

*最終日の後に懇親会があります。(私は参加出来ませんでしたが…)

追記:事前アンケートと教室で使うこと名前ですが、「こう呼ばれたい」というもの(ペンネームならペンネーム、ツイッターアカウント名など)で統一すると良いと思います。この後研究科に入りチャットルームに登録しますが、その時もその名前が良いかと思われます。。特に教室で使う名前はずっとついて回りますので、ご注意ください。

…ほかに何か疑問点がございましたら、お知らせくださいm(_ _)m

…私が今回、講座に参加して得られたものは…
まず、お話の作り方とはこうなのか…と…今まで本で読んだりして得た知識とは違う、生の知識を得ることが出来ました。
ネームに入る前のやり方なども、今までの自分のやり方とは違って戸惑いましたが、やってみると、なるほどこうなのか…!と思えました。

1番得られて大切だったものは、
小さいけれども、初めて得た"自信のかけら"です。
特に私みたいに普段どこへ作品を投稿やupしてもロクに評価されず、自信を無くして落ち込んでばかりの人にはオススメです。

また、交流は少しずつ始まり、やっと3日目位で慣れてきて、最後作品を読み合うことで初めて"この人の作品好き!"とか分かり、それがきっかけで交流が深まるような感じでした。やはり皆、作品を通して表現し合う人々なのだな…と思いました。

それから個人的な得られたものですが、
漫画とは「絵で見せる」ものなのだな、と…目からウロコな気づきがありました…。今までは台詞で語りすぎていたんですよね。。

あと、先生がぽろっと何気なく言われたような言葉が、とても嬉しかったのを覚えています。
もちろん"ここが良かった"とおっしゃってくださったことも嬉しかったです。皆さんのコメントも、最初は怖くて読めなかったのですが、帰ってから勇気を出して読んだらすごく励みになりました。宝です。
先生からの直した方が良いところも、自分だけでは気付きにくいことで、非常に参考になりました。

プロの方もアマの方も色々いらっしゃいましたが(10人程度)、みんな漫画を描きたい人たちなので…始めは劣等感を感じましたが、最後には忘れていました。年齢も私が一番上でしたが(伏せられてはいるが見ればわかる)気になりませんでした。

魂削って作品を創り出す3日間でした。
そうそう、あと「萌え」を思いっきり描いてもいいんだー!と分かったのも嬉しかったですね。萌えを描きまくりました。。

他の方の作品や、過去の作品を読んで刺激を受けました。

他にも色々あった気がするのですが、まだ復習していないので…
あとは、いかにこれを形にして完成させて持ち込むかです。これからが本番だなとも思っています。
今回のを作れて、次にまた考える時、相談に乗っていただけたらありがたいなぁ…と思っています。。

本当に中身の濃い充実した3日間でした。
この刺激を忘れないように、そして頑張って32枚描きたいと思います。(普段16枚なので2倍ですね^^;)

もしもご興味あればこちら…^^
nametank.jp


長くなりましたが、東京ネームタンクの3日間講座を受けて。。でした。

長文をお読みいただき、誠にありがとうございました。m(_ _)m


2018.6.22 追記: その後ネームタンクで作ったお話を描きあげて持ち込みしまくっていますが、
かなりの社からお話のダメ出しをされています。
特に関係性が分からない、など色々。。
ネームタンクでは、褒められるのでモチベーションは上がりますが、
それを鵜呑みにしない方が良いです。
あとで、必ず推敲して、練り直してから作品にした方が良いと思います。
欠点については指摘してもらえません。
また、褒め言葉は全て鵜呑みにしないことが大切だと…
今、痛感しています。。

2018.9.1. 追記: BL漫画家を目指す方には、あまり参考にならないと今になって思いました。
根本的に違い過ぎます。
詳しくはこちら
hiromin999.hatenablog.com



トップページhiromin999.hatenablog.com